ESSRI la maison

エスリの家づくり
House building

暮らしと住まいの親密さ

エスリでは、暮らしに寄り添う親密な空間設計を心掛け、住まいのご提案をしています。

「親密さ」の秘訣、それはやさしさ。住まいは、暑さ寒さから暮らしを守ってくれます。雨風をしのぎ、雷や時には地震などの天災からも守ってくれます。そして、社会生活のストレスからも解放し、癒しを与え心も守ってくれます。

そしてエスリ住まいは環境にもやさしい。エネルギー負荷が少ないように、しっかり気密と断熱を施します。また、耐久性を持たせるため、建物に湿気が滞らない様にしっかり通気を確保します。

そんなやさしさの詰まった住まいに、住まい手も寄り添ってほしい。お気に入りの場所を作り、住まいと過ごしてあげてほしい。住まいが疲れ傷んだ時には手当てをしてあげてほしい。

もちろん、私たちも寄り添います。長く過ごすために、飽きのこないシンプルなデザインにします。後悔のないように、しっかり話を積みかさね計画します。コストバランスを考えて、経済的な負担もなるべく少なく考えます。すべては住まいと住まい手の親密さのために。

家づくりの流れ

エスリと会う
随時行っている相談会はもちろん、モデルハウスや見学会を訪れて、実際の雰囲気を感じ取ってください。
住まい計画のご相談
土地を探して建てる、今ある建築をリノベーションする、今ある建物を取り壊して建てる、今所有している土地に建てるなど、建築の方法や、それらにまつわる費用など、住まい計画をお話しください。住まいのご要望だけでなく、無理のない資金計画のご提案も致します。
プランのご提案
お聞かせいただいたご要望と、資金計画から導き出したご予算を念頭に、平面図、外観イメージパースなどを用いて、住まいのご提案書を用意します。エスリの考え方をご確認ください。
設計お申し込み
プランをご確認いただき、エスリの考え方に賛同いただき、その先の詳細設計及び詳細見積に進めていく意思のご確認として、10万円~30万円を頂戴します。お申し込み金は、工事代金に充当されます。
詳細設計及び詳細お見積もり
綿密にお打ち合わせをかさね、実際の住まいの設計図及び積算見積書を作成して行きます。エスリには標準仕様もオプションもありません。予算とご要望に合わせて選びながら、坪単価システムのような平均値ではなく、適正な価格をご提案をしています。
ご契約
お打ち合わせの上、築き上げてきた結果の答え合わせをします。図面と見積書を照らし合わせて内容のご説明をします。合意を頂けましたら、工事請負契約を締結いたします。

ご契約金として、建物請負工事代金額の10%を頂戴しております。
地鎮祭
工事の無事・安全を祈願し、地鎮祭を行います。この日は、近隣の方々へ工事のあいさつにまわったり、建物の配置を表す地縄を張っていますので、配置及び高さのご確認を行います。
着工から上棟
いよいよ、着工です。基礎工事におおよそ1ヶ月、そして待ちに待った棟上げの日が訪れます。無事上棟がなされたあかつきに、上棟式を行います。御幣に向かって工事の無事・安全を住まい手の繁栄を祈願し、その御幣は家の守り神として小屋裏におさめます。
工事進捗
工事は日々進んで行きます。それでも、「ここはやっぱりこうしたい」って出てくるんです。まだ取り掛かっていない内容の変更は、出来る限りお応えできるように努めています。進行状況に応じて内装の仕上げの打ち合わせなど重ねて行きます。
竣工・お引渡し
最終金のご確認と準備、建物の登記など手続きを踏まえ、お疲れさまでした、住まいの竣工を迎えます。おめでとうございます。新しい暮らしのスタートです。そして、私たちとも、末永いお付き合いの始まりです。今後ともよろしくお願いいたします。

標準仕様・性能

構造

木造軸組み工法を採用しています。かつての木造軸組み工法の弱点を補強した構造用面材を利用しモノコック構造としています。耐震等級3相当として、壁量計算及びN値計算を行い安全性を確認しています。また、構造的に不利な形状や、構造強度の数値化が必要な場合、構造計算(※許容応力度計算)を行います。

日本の気候風土に適した工法で、構造計算による最適な建築材料選定を行い、高い設計自由度と安全性を確保します。

基本構造仕様
欧州赤松 105角
通柱
杉・赤松ハイブリッド集成材 120角
米松
構造用面材
ノボパン/ダイライト(外部仕上げにより使分け)
  • 品確法住宅性能表示による 建築基準法の1.5倍の地震力に倒壊崩壊しない建物

断熱材

平成29年4月1日より開始された平成28年省エネ仕様基準に適合した断熱材を使用しています。

高性能グラスウール「旭ファイバーグラス アクリア」を標準的に採用

コストパフォーマンスがよく、耐火性に優れ、また柔軟で可変性に富むため、建築後に地震などの予期せぬ力が加わった際にも、性能の劣化が少ない点も考慮し標準採用しています。精製エネルギーも少なく、リサイクル性に長け、環境に配慮された建材です。

充填断熱 高性能グラスウール使用の場合
天井断熱材
アクリアサンカット
155mm
熱抵抗値4.1m²・k/W
壁断熱材
アクリアウール
105mm
熱抵抗値2.8m²・k/W
床断熱材
アクリアUボードピンレス
0.2mm
熱抵抗値2.2m²・k/W
基礎断熱材※
スタイロエース
50mm
熱抵抗値1.8m²・k/W
防湿シート
寒冷地推奨 バリアエース
0.2mm

吹付硬質ウレタンフォームをご採用頂くことも可能です。熱抵抗値も高く、ウレタンの性質上気密もしっかり確保出来ます。

  • 防火構造となる組み合わせがグラスウールよりも限られるため、意匠に制限を受ける場合があります。
充填断熱 発泡ウレタンの場合
屋根断熱材
アクアフォーム
170mm
熱抵抗値4.7m²・k/W
壁断熱材
アクアフォーム
80mm
熱抵抗値2.2m²・k/W
防湿シート
不要
床断熱材
アクリアUボードピンレス
0.2mm
熱抵抗値2.2m²・k/W
基礎断熱材※
スタイロエース
50mm
熱抵抗値1.8m²・k/W

鋼製建具

サーモスII-H Low-eペアガラス アルゴンガス入 ※同等性能の他社製品も可

窓は熱の出入りが、一番多い場所です。家全体の5割~7割の熱が逃げていく住宅の弱点とも言える場所です。

最新の性能基準である平成28年度省エネ仕様基準に適合したハイブリッド構造のサッシュを採用。また、ガラスはLOW-Eペアガラス標準装備に加え、ガラス内に断熱効果の高いアルゴンガスを封入。一般的なペアガラスの2.4倍の断熱性能に加え、約8割の紫外線をカットします。

空気環境

24時間換気計画 ― 第一種換気を推奨

給気と排気の両方に機械式ファンを使用し、24時間新鮮な空気を供給します。新鮮な空気を室内に取り込む際、温度の差を極力小さくするため、機械による熱交換を行い快適な室温を保ちます。
また、外観の美観を損なう外部フードの数量が激減する為、デザインの向上にも役立ち、花粉症の軽減やお掃除の手間を軽減する等多数のメリットがあります。
より良い空気環境を整えるため外気清浄機の取付も可能で、花粉はもちろんPM2.5まで除去出来ます。家で過ごす時間が長い、幼少期の子どもは空気の質の影響を受けやすい為、空気環境を整える事は非常に有効です。

  • コスト面においては、第三種換気(自然吸気+強制排気)の方が有利です。ご相談の上、いずれかをご採用いただいています。

費用について

お支払いの時期とその費用について

設計申込金
工事請負予定金額 2000万円未満 10万円 / 2000万円以上 20万円

ファーストプレゼンテーション+概算お見積りののち、その先へ進まれる段階でお支払いいただきます。※工事請負金額に充当します。
契約金
工事請負金額の10% 契約締結時にお支払いいただきます。
着手金
工事請負金額の30% 工事着工時にお支払いいただきます。
上棟金
工事請負金額の30% 上棟時にお支払いいただきます。
最終金
工事請負金額の30%
  • 残金100% 竣工・引渡し時に残金をお支払いいただきます。
  • 上記は当社の一般的なお支払い方法です。自己資金や借入の具合によって、一般的なお支払いが出来ない場合はご相談ください。

主な諸費用の目安

水道加入金及び
下水道負担金
各自治体・口径により異なります。水道を新しく使用するための費用です。
地鎮祭費用
3万円~建築の無事を祈る儀式です。神主への初穂料が必要です。
※神社さんにより費用が異なります。
ローン関係費用
金銭消費貸借契約手数料 8万円程度~保証料は債権額100万円あたり2万円程度(不要の場合も)
※手数料・保証料などの費用は、金融機関により異なります。
火災保険料
木造10年一括払いの場合:15万円程度
※構造・地域・保険会社等により異なります。火災や落雷などによる損害を補償する保険です。
地震保険料
木造5年一括払いの場合:5万円程度
※建物の構造・地域等により異なります。火災保険では補償されない地震・噴火またはこれらにより発生した津波による建物・家財の損害を補償する保険です。
建物表示登記
土地家屋調査士報酬:8万円程度
抵当権設定登記
20万円程度 住宅ローンをお使いの場合、土地・建物それぞれに抵当権が付きます。借入金額により異なります。
耐久消費財
平均155万円
※住宅金融支援機構調べ 住宅の備え付けのものを除き、新築時に新たにカーテン・照明器具・ソファ・エアコンなどを購入する費用のことです。
引越し費用
10万円~20万円程度
※業者・荷物量・距離などにより異ります。新居に引越しするための費用です。また、粗大ごみ処分費や電話移設工事なども必要です。
  • 上記の費用はあくまで目安ですので、参考例としてご覧ください。建物の大きさ、土地の形状、立地などの諸条件により各費用は異なります。

その他の費用

解体工事費用
既存建物のある場合解体工事が必要となります。

目安 木造建築物 建物坪数×4~5万円程度
外構工事費用
建物以外の工作物(ブロックフェンスや門柱等)及び植栽などが必要な場合、外構工事が必要となります。
目安 土地坪数×3~4万円程度 ※工事内容により異なります。

エスリの保証について

JIO我が家の保険

住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対してお引渡しから10年間、2000万円を上限に損害を賠償致します。

工事の費用はもちろん、工事の為の仮住まい費用、転居費用等も補償対象となります。

WARRANTY

防水保証

万一の防水層よりの漏水に対して、10年間の保証書を発行します。

期間中漏水に対して無償にて補修を致します。

WARRANTY

シロアリ保証

公益社団法人シロアリ対策協会の標準仕様に基づいたシロアリ対策を実施し保証書を発行致します。建物にシロアリが発生した場合は、500万円を上限に建物修復費用を賠償致します。

WARRANTY

地盤保証

建築物件は「地盤安心住宅」に申込みを行い、お引渡し時に「地盤品質証明書」を発行します。

万が一不同沈下が発生した場合には、20年間・最高5,000万円まで建物の損害等を賠償します。

定期点検を受けることで、10年毎の補償更新が可能です。

WARRANTY

自社保証

お引渡し時に保証証をお渡し致します。長期・短期含め30項目以上にわたり保証致します。

WARRANTY


Model house

モデルハウス

近江八幡市

住まわれてから四年目のお家をご見学できます。
日々の暮らしに馴染みだしたESSRIの住まいを一度ご覧ください。

詳しくはこちら

-> learn more


Event

イベント

「木窓の家」完成見学会

親しみある、穏やかな雰囲気の「木窓の家」。   【木窓の家 完成見学会】 日時 12月21日(土)・22日(日) 場所......

詳細・ご予約はこちら

-> learn more

電話をする
資料請求